肉ブログ

当店では令和2年4月10日に「食肉販売業」の営業許可書を取得しました。

飲食店をするには「飲食店営業(一般食堂)」という営業許可書が必要で、通常ほとんどのお店がそれだけで営業しています。

今回、新型コロナ対策として「食肉販売業」を取得することにより「できること」が増えるので申請した経緯になります。

ん?これは何のためにいると?

と思われる方のために簡単に紹介いたします。

食肉販売業の営業許可書があるとできること

まず全国各地の自治体により「できること・できないこと」があるので確認してね。

確認する機関は「保健所」です。

にくたらしが営業を行なっている熊本市では…

・精肉の販売ができる
しゃぶしゃぶやすき焼きセット・BBQセットなどの切り出した生肉の販売が可能、いわゆる精肉店と同じことができるようになります。

・肉の加工品が販売できる
一般のお客様に対して、ローストビーフの持ち帰りや通販にも対応した商品の販売ができるようになります。
※お店などへ卸売りをするには惣菜なんたらという許可が必要だそうです。

この2つができるようになります。

え?飲食店や焼肉屋では生肉の持ち帰りができないの?

と思われるでしょうが、これができないのです。

店内に衛生管理ができる設備を整えていないと許可がおりません。

もちろん保健所の立ち会い検査も必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

飲食店を経営してないとわからないことですよね。

コロナ禍によりテイクアウトや通販を始める飲食店及び焼肉店が増えていますが生肉や加工品は「食肉販売業」の営業許可書が必要になります。

もちろん許可を取得していても「食中毒」を出してしまうとダメなのですが…

炭火焼肉にくたらしではこの2つを販売できる「食肉販売業」の営業許可書を取得していますのでどうぞ安心してご利用くださいませ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。