肉ブログ

03

9月某日、先日解体を済ませ土埃まみれの物件を清掃させて頂きました。梁の上に積もった土埃をエアーで落とし、それから雑巾がけの繰り返し。数センチ積もった土埃を見るとこの物件が完成してからどれだけの時が流れたのだろうと自然と感じてしまう。この蔵の建立に関わった方々が現在もご健在されてるとは思わないがその皆様の魂は生き続けている事を感じざるを得ない。ただの雑巾がけひとつとっても「ありがとうございます」という感謝の言葉が心の底から溢れだしてくる。そんな一日でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。